Zumba

Zumba曲ランキング~2016年

ズンバ(Zumba)で2016年に人気の高かった曲のランキングです。各地のレッスンでの採用頻度や、一般のズンバ参加者のみなさまのご意見などをもとに、編集部が独断でランク付けいたしました。ユーチューブ(Youtube)の動画と共に紹介します。
【2020年】のランキングはこちら→
【2019年】のランキングはこちら→
【2018年】のランキングはこちら→
【2017年】のランキングはこちら→
【2016年】のランキング↓
【2015年】のランキングはこちら→
【2014年】のランキングはこちら→
【2013年】のランキングはこちら→
【2012年】のランキングはこちら→
【2011年】のランキングはこちら→
【2010年】のランキングはこちら→

1位:「ベター・ホエン・アイム・ダンシング」(Better When I'm Dancing)

曲名 「ベター・ホエン・アイム・ダンシング」
(Better When I'm Dancing)
アーティスト メーガン・トレイナー
(Meghan Trainor)
配信時期 2016年1月
(メガミックス51)
ジャンル クールダウン
動画 公式PV→
曲の意味 踊れば気分スッキリ!
解説 クールダウンの曲として配信されましたが、メインの曲としてよく使われました。 ズンバの持つ明るい雰囲気を楽しむのにピッタリな曲ですね。 オフィシャルでないコリオ動画をアップしたフィリピンのダンス集団「Live Love Party」(リブ・ラブ・パーティ)は、この動画によって世界的な人気者になりました。 とくに真ん中で踊っている女性マデルさん(ZESのプリンスの奥さん)が称賛を浴びました。



2位:「ピンタ・ミ・コラソン」(Pinta Mi Corazon)

曲名 「ピンタ・ミ・コラソン」
(Pinta Mi Corazon)
アーティスト フォンセカ
(Fonseca)
試聴 試聴(Amazon)→
配信時期 2016年4月
(ZIN62)
ジャンル クンビア
曲の意味 あなたのカレンダーに私のハートを描いておいて
解説 美しいバラード。柔らかく踊るのにぴったり。 参加者のみんなの息があったときは感動ものですね。 琴線と涙腺にふれやすい見事なクンビアソングだと思います。



3位:「ラ・アスピリーナ」(La Aspirina)

曲名 「ラ・アスピリーナ」
(La Aspirina)
アーティスト マックス・ピソランテ
(Max Pizzolante)
試聴 試聴(Amazon)→
配信時期 2016年3月
(メガミックス52)
ジャンル メレンゲ
曲の意味 この恋心を治すために薬(アスピリン)を下さい!
解説 2015年に「ビベ・イ・バイラ」によって、Zumba界で一気にブレークしたマックス・ピソランテの第二弾のヒット曲。 やや切ないラブソングですが、心地よいリズムと甘いメロディーが心をあたたかくしてくれます。 老若男女が一緒に楽しめるズンバならではのラテンソング。



4位:「ブラジリアン・カルナヴァウ」(Brazilian Carnaval)

曲名 「ブラジリアン・カルナヴァウ」
(Brazilian Carnaval)
アーティスト ステファニー
(Stefanie)
配信時期 2015年12月
(ZIN60)
ジャンル サンバ
曲の意味 ブラジルのカーニバル
解説 サンバの魅力たっぷり。底抜けに明るい。「オ―オーオオオオ」とか「ブラジル!」といった掛け声も出しやすい。終盤の締めに使うインストラクターさんも多かったです。

<公式PV>



5位:「イラプト」(Erupt)

曲名 「イラプト」
(Erupt)
アーティスト マシェル・モンターノ
(Machel Montano)
試聴 試聴(Amazon)→
配信時期 2016年2月
(ZIN61)
ジャンル ソカ
曲の意味 飛び上がれ、爆発しろ!
解説 スピーディーで、盛り上がりやすい曲。「イラプト!」と叫ぶ続けるだけで爽快感たっぷり。



6位:「パシャンガ」(Pachanga)

曲名 「パシャンガ(パチャンガ)」
(Pachanga)
アーティスト ズンバ・フィットネス
配信時期 2016年8月
(ZIN64)
ジャンル ムーンバートン
曲の意味 パーティ
解説 1回聞いただけでノリノリになれる曲で、盛り上げるのにピッタリ。 EDM的なモダンさと、アフリカンな民族っぽさが組み合わさった魅力的な曲です。 ズンバだけに独占的に提供された曲ですので、他では聴くことができません。 曲が長くて5分くらいあり、たっぷりと騒げます。 クラップしたり、シミーしたり、アラビアダンスっぽい動きをしたり、 いろいろな動きがじっくり楽しめますね。
曲名のPachangaは、スペイン語やポルトガル語で「パーティー」「どんちゃん騒ぎ」を意味します。 スペイン語だと「パチャンガ」、ポルトガル語だとい「パシャンガ」という発音です。 この曲は一部はスペイン語ですが、他の言語(ポルトガル語?)も混ざっているようで、Pachangaを「パシャンガ」と言っているように聞こえます。



7位:「セクシー」(Sexy)

曲名 「セクシー」
(Sexy)
アーティスト ビーアイピー
(BIP)
試聴 試聴(Amazon)→
配信時期 2016年4月
(ZIN62)
ジャンル メレンゲ
解説 セクシーダンスを楽しめる曲。かつ盛り上がりやすいです。 この曲によって「ウエ~パ~(Wepa)」という掛け声が浸透しました。 Wepaは、プエルトリコなどで使われるスペイン語の俗語で、「イエーイ」みたいな掛け声ですね。 タオルを振り回しながら踊らせるインストラクターさんも多かったです。



8位:「ラメント・ボリビアノ」(Lamento Boliviano)

曲名 「ラメント・ボリビアノ」
(Lamento Boliviano)
アーティスト エナニートス・ベルデス
(Enanitos Verdes)
試聴 試聴(Amazon)→
配信時期 2015年12月
(ZIN60)
ジャンル バチャータ
曲の意味 酔っぱらってクレイジーな僕。ああボリビアの嘆き
解説 切なさが漂うボリビアの演歌。バチャータとしては異例ともいえる使用頻度だったのではないでしょうか。バチャータを踊る楽しさや魅力を存分に感じさせてくれました。



9位:「チープ・スリルズ」(Cheap Thrills)

曲名 「チープ・スリルズ」
(Cheap Thrills)
アーティスト シーア
(Sia)
試聴 試聴(Amazon)→
配信時期 2016年5月
(メガミックス53)
ジャンル ポップ
解説 売れっ子歌手シーアの最近のヒット曲が、素早いタイミングでズンバに登場。タイムリーな曲は、やはり支持を得やすい。カッコよく踊れる曲ですね。



10位:「フットルース」(Footloose)

曲名 「フットルース」
(Footloose)
アーティスト ケニーロギンスのカバー
試聴 試聴(Amazon)→
配信時期 2016年4月
(ZIN62)
ジャンル ロック、ポップ
解説 1980年代を代表する洋楽ヒットソングが、ズンバで復活。ロカビリー風の振り付けで、人気を博しました。



11位:「ザット・ラブ」(That Love)

曲名 「ザット・ラブ」
(That Love)
アーティスト シャギー
(Shaggy)
配信時期 2016年10月
(ZIN65)
ジャンル ポップ
解説 ハートウォーミングなラブソング。一体感を感じやすい曲。手でハートマークをつくって踊るのも定番。

<公式PV>



12位:「バイラメ」(Bailame)

曲名 「バイラメ」
(Bailame)
アーティスト アレックス・センセーション ft ヤンデル&シャギー
(Alex Sensation feat. Yandel & Shaggy)
試聴 試聴(Amazon)→
配信時期 2016年4月
(ZIN62)
ジャンル ラテン・アーバン
曲の意味 私のために踊って
解説 おぼえやすく、踊りやすい曲として、多くのクラスで繰り返し使用されました。 今でも使うインストラクターさんは多いようです。 縦に列をつくって互い違いの動きをするところが盛り上がりますね。



13位:「ラ・ダンサ・デル・バケーロ」(La Danza del Vaquero)

曲名 「ラ・ダンサ・デル・バケーロ」
(La Danza del Vaquero)
アーティスト BIP
(ビーアイピー)
試聴 試聴(Amazon)→
配信時期 2016年7月
(メガミックス54)
ジャンル カントリー
曲の意味 カウボーイのダンス
解説 みんなでワイワイ、ガヤガヤ踊るのにぴったりの曲でした。カウボーイ風の踊りも、なごやかなムード作りに最適。



14位:「アメリカズ・スウィートハート」(America's Sweetheart)

曲名 「アメリカズ・スウィートハート」
(America's Sweetheart)
アーティスト エル・キング
(Elle King)
試聴 試聴(Amazon)→
配信時期 2016年8月
(ZIN64)
ジャンル フォーク・ロック
曲の意味 私は「アメリカのウィートハート」(みんなに好かれる女の子)なんかじゃないわ!
解説 最後にハートマークを作るのが流行。



15位:「ソイ・パラ・ティ」(Soy Para Ti)

曲名 「ソイ・パラ・ティ」
(Soy Para Ti)
アーティスト セルセロ・セサン
(Marcelo Cezan)
試聴 試聴(Amazon)→
配信時期 2016年4月
(ZIN62)
ジャンル ラスパ、クンビア
曲の意味 私はあなたのため
解説 純粋なラブソング。愛情をこめて情感たっぷりに踊ることができる歌です。



16位:「キエン・キエレ・バイラール」(Quien Quiere Bailar)

曲名 「キエン・キエレ・バイラール」
(Quien Quiere Bailar)
アーティスト マックス・ピソランテ フィーチャリング パパヨ
(Max Pizzolante feat. Papayo)
試聴 試聴(Amazon)→
配信時期 2016年4月
(ZIN62)
ジャンル レゲトン、ティンバ
曲の意味 踊りたい人、手をあげて!
解説 ラテンのサイドステップを連発するシンプルな振り付けで、多くの教室でおなじみの曲になりました。



17位:「マカレナ」(Macarena)

曲名 「マカレナ」
(Macarena)
アーティスト ロス・デル・リオ
(Los del Rio)
試聴 試聴(Amazon)→
配信時期 2016年8月
(ZIN64)
ジャンル サルサ
解説 1993年に世界中で大ヒットした曲が、サルサバージョンでズンバに登場



18位:「メイク・ラブ」(Make Love)

曲名 「メイク・ラブ」
(Make Love)
アーティスト AISHA(アイシャ)・フィーチャリング・ベト
(Aisha feat. Beto Perez)
試聴 試聴(Amazon)→
配信時期 2016年2月
(ZIN61)
ジャンル Jポップ
解説 日本が生んだ実力派女性シンガーAISHAがズンバ界に進出。 世界で数千万人以上いるズンバ愛好家の間に名をとどろかせました。 スローな序盤から、日本の地名を連発するアップテンポなコーラスまで変化に富んでいて、何度踊っても飽きない。 うまくハマれば、とてもかっこよく踊れる曲。 歌の最後のBetoの「ありがとう」も印象的。



19位:「エスタ・ノチェ・キエロ」(Esta Noche Quiero)

曲名 「エスタ・ノチェ・キエロ」
(Esta Noche Quiero)
アーティスト シャーリーン
(Sharlene)
試聴 試聴(Amazon)→
配信時期 2016年4月
(ZIN62)
ジャンル クールダウン
曲の意味 今夜、私は欲しい・・・
解説 音楽を深く味わいながらストレッチができる最高のクールダウン曲。「オエオー」や「エスタ・ノチェ・キエロ、キエロ」といった合唱も楽しめる。



20位:「シャラップ・アンド・ダンス」(Shut Up and Dance)

曲名 「シャラップ・アンド・ダンス」
(Shut Up and Dance)
アーティスト マックス・ピソランテ フィーチャリング ベト・ペレス
(Max Pizzolante Feat Beto Perez)
試聴 試聴(Amazon)→
配信時期 2016年4月
(ZIN62)
ジャンル デンボウ、ランバダ
曲の意味 黙って踊れ!
解説 片足を地面にひたすらタップする振り付け。疲れるけど楽しい。



21位:「ノ・ボイ・ア・リョラール」(No Voy a Llorar)

曲名 「ノ・ボイ・ア・リョラール」
(No Voy a Llorar)
アーティスト カロリーナ・ラ・オ ft ロバート・テイラー
(Carolina La O ft. Robert Taylor)
試聴 試聴(Amazon)→
配信時期 2016年8月
(ZIN64)
ジャンル メレンゲ
曲の意味 泣かないよ!
解説 メロディとボーカルが美しい曲。序盤にぴったりの曲。



次点:「アイム・ユアーズ」(I'm Yours)

曲名 「アイム・ユアーズ」
(I'm Yours)
アーティスト ジェイソン・ムラーズ
(Jason Mraz)
試聴 試聴(Amazon)→
配信時期 2016年2月
(ZIN61)
ジャンル クールダウン
解説 世界中で愛されたバラードがズンバに登場。ズンバらしいとてもストレートな愛のメッセージ。この曲でクールダウンしていると、心が洗われ、胸が熱くなります。

<公式PV>


2016年ズンバ人気ランキングの動画一覧(Youtube)→
2016年ズンバ人気ランキングの動画の連続再生(Youtube)→