MOVE

【2018年】ズンバの人気曲ランキング

2018年のズンバ(Zumba)の人気曲ランキングです。各地のレッスンでの使用状況やズンバ愛好家のみなさまのご意見などをもとに、MOVE編集部が独断で選出しています。Youtube(ユーチューブ)の動画や歌詞・和訳とともに紹介します。2018年はズンバ創始者のベトが自らの人生哲学を歌う「フレスコ」が大当たりしました。また、ダディー・ヤンキーの新曲「アスキータ」が発売と同時にズンバで採用されて大ヒット。年間を通してレッスンを盛り上げてくれました。~高橋ナツコ(MOVE)

【2020年】のランキングはこちら→
【2019年】のランキングはこちら→
【2018年】のランキング↓
【2017年】のランキングはこちら→
【2016年】のランキングはこちら→
【2015年】のランキングはこちら→
【2014年】のランキングはこちら→
【2013年】のランキングはこちら→
【2012年】のランキングはこちら→
【2011年】のランキングはこちら→
【2010年】のランキングはこちら→
ズンバウェア一覧(Amazon)→

1位:「フレスコ」(Fresco)

曲名 「フレスコ」
(Fresco)
アーティスト ベト・ペレス
(Beto Perez)
採用時期
(収録CD)
2018年4月
(Zin74)
ジャンル トロピ・チョーク
曲名の意味 新鮮な
サビの歌詞と和訳 Asi es mi vida, es que asi es mi vida
(アシー・エス・ミ・ビダ、エス・ケ・アシー・エス・ミダ)
それが私の人生。そう、それが私の生き方

No hay nada de malo
(ノ・アイ・デ・マロ)
嫌なことは何もないのさ

Para lo malo, aqui no hay cavidad
(パラ・ロ・マロ、アキ・ノ・アイ・カビダッド)
悪事がつけいるスキがない

Asi es mi vida, es que asi es mi vida
(アシー・エス・ミ・ビダ、エス・ケ・アシー・エス・ミ・ビダ)
それが私の人生。そう、それが私の生き方

No pienso en problemas
(ノ・ピエンソ・エン・プロブレマ)
問題があってもくよくよ考えない。

Porque bailando todo se olvida
(ポルケ・バイランド・トド・セ・オルビダ)
だって踊ればすべて全て忘れちゃうんだから

Ea ea eh, Fresco
(エーアエアーエー、フレスコ
おお、フレッシュ!

Ea ea oh, Fresco
(エーアエーアオー、フレスコ
そう、毎日を新しく!

Esta fue la vida,
(エスタ・フエ・ラ・ビダ)
これが私の人生

que a mi me toco
(ケ・アミ・ミ・メ・トコ)
私の心をとらえた哲学

Ea ea eh, Fresco
(エーアエアーエー、フレスコ
おお、フレッシュ!

Ea ea oh, Fresco
(エーアエーアオー、フレスコ
そう、毎日を新しく!

Es que asi es mi vida,
(エス・ケ・アシー・エス・ミ・ビダ)
それが私の人生

fresco vivo yo.
(フレスコ・ビボ・ヨ)
フレッシュに生きる
解説 ズンバの創始者ベトが、 自らの人生哲学を歌った渾身(こんしん)の一曲。 曲名の「フレスコ」はスペイン語で、 「フレッシュな」という意味です。 「毎日をイキイキとフレッシュに生きる」というのが歌のテーマ。 「くよくよ考えない」という前向きでポジティブな人生賛歌になっています。 メロディがとても親しみやすく、 思わず口ずさみたくなります。 一体感を味わいやすい曲でもあります。 2018年夏のZIN76では、クールダウン用にアコースティック・バージョンもリリースされました。
動画
(Youtube)
コリオ付き

コリオ付き

コリオ付き

<公式コリオ動画(曲の一部)>



2位:「アスキータ」(Azukita)

曲名 「アスキータ」
(Azukita)
アーティスト スティーブ・アオキ、ダディー・ヤンキー、プレイ・ン・スキルズ
(Steve Aoki, Daddy Yankee, Play-N-Skillz)
試聴 試聴(Amazon)→
採用時期
(収録CD)
2018年2月
(ZIN73)
ジャンル メレンゲEDM
曲名の意味 砂糖
解説 伝統的なラテン音楽「メレンゲ」と、クラブシーンで主流となっている電子系ダンスミュージック「EDM」。 この2つが組み合わさったのが、この曲です。 ラテン音楽界を代表するダディー・ヤンキー、 EDM界をけん引するDJスティーブ・アオキ(ベニハナ創業者ロッキー青木の息子さん)、 ヒット作連発の兄弟プレイ・ン・スキルという、豪華な顔ぶれのコラボ。 ネームバリューに頼ることなく、パンチのきいた曲をつくってくれました。 曲が発売されたのが2018年2月1日で、それと同時にズンバの曲としてもリリース。 とてもタイムリーでした。 ズンバが発表した公式コリオは、メリハリのきいたステップでメレンゲのシンプルなリズムを踏む一方で、 ヒップホップ的なワルな感じも取り入れた振り付け。 リリース後すぐに多くのインストラクターが採用しました。
しばらく後にリトモスやメガダンスでもこの曲が使われましたが、 カバーでなく原曲を使用したズンバがやはり一番楽しかったですね。
サビの歌詞と和訳 <サビ1>
Azukita (azucar)
アスキータ(アスーカル)
砂糖

Azukita (azucar)
アスキータ(アスーカル)
砂糖

Azukita pa'la nina bonita
アスキータ、パラ・ニーニャ・ボニータ
砂糖、砂糖!あのキレイな子のための砂糖を!

<サビ2>
Dame una de azucar
(ダメ・ウナ・デ・アスカル)
砂糖を1個ちょうだい

Dame dos de azucar
(ダメ・ドス・デ・アスカル)
砂糖を2個ちょうだい

Dame tres de azucar
(ダメ・トレス・デ・アスカル)
砂糖を3個ちょうだい

Blanca y morena, blanca y morena
(ブランカ・イ・モレーナ、ブランカ・イ・モレーナ)
白いのと茶色の
ダンス動画
(Youtube)
コリオ付き→

上手なダンス(ズンバではない)→

コリオ付き→

<公式PV>


<公式コリオ(曲の一部>



3位:「ブンブン」(Boom Boom)

曲名 「ブンブン」
(Boom Boom)
アーティスト レッドワン、ダディー・ヤンキー、フレンチ・モンターナ&ダイナ・ジェーン
(Red One, Daddy Yankee, French Montana & Dinah Jane)
試聴 試聴(Amazon)→
採用時期
(収録CD)
2018年1月
(MegaMix63)
ジャンル ムーンバートン(レゲトン、ハウス、ヒップホップ、EDM)
ダンス動画
(Youtube)
スロバキア、スペイン→

コリオ付き(ヒップホップ系)→

コリオ付き→

コリオ付き→
解説 レゲトンのビート、ラテンのメロディ、EDM/ハウスの音作りが融合したダンス曲。 ダディー・ヤンキーと、モロッコ出身の世界的な音楽プロデューサー、レッドワンらがコラボしました。 2017年10月下旬に発売され、その約2か月後にズンバソングに仲間入り。 Zinでなくメガミックスに収録されたことで、 インストラクターごとなる異なるいろいろな種類のコリオが見られました。 その中でもレゲトン/ヒップホップ的なカッコよさを強調したコリオがとりわけ高い支持を得たようです。

<公式PV>



4位:「トド・エル・ムンド」(Todo El Mundo)

曲名 「トド・エル・ムンド」
(Todo El Mundo)
アーティスト DJリッキー・ルナ ft ナンド・ブーム&ヒサトミ
(DJ Ricky Luna ft. Nando Boom & Hisatomi)
試聴 Amazon→
採用時期
(収録CD)
2018年6月
(ZIN75)
ジャンル ムーンバートン
曲名の意味 世界中のみんな
サビの歌詞と和訳 Todo el mundo diga "Ohhh oh oh!"
(トド・エル・ムンド・ディガ)
世界中のみんな、「お~お~」って叫ぼう!
コリオ動画
(Youtube)
コリオ付き
解説 日本人歌手Hisatomi(ヒサトミ)がラッパーとして参加。 日本語でラップを披露しています。 「祭りだ、祭りだ。集まりな」と歌っているとおり、 お祭りの雰囲気がたっぷりの曲です。 また、「肌の色など気にしない」という歌詞に象徴されるように、 世界じゅう(Todo el mundo)の人たちが一緒になって音楽を楽しもう、というメッセージが込められています。 ズンバであまりにも好評だったことから、 公式PVが制作されました。 Hisatomiらアーティストが出演するとともに、 世界各国のズンバのダンスの様子を組み合わせ、 楽しいダンス動画になっています。

<公式PV>



5位:「インテルナシオナレス」(Internacionales)

曲名 「インテルナシオナレス」
(Internacionales)
アーティスト ボンバ・エステレオ
(Bomba Estereo)
試聴 試聴(Amazon)→
採用時期
(収録CD)
2017年12月
(ZIN72)
ジャンル アーバン
曲名の意味 国際人
解説 コロンビア出身のバンド、ボンバ・エステレオの新曲。 「私たちは国際人。国や人種なんて関係ない。みんなで踊ろう」というズンバらしいメッセージの歌詞になっています。 2018年のラテングラミー賞で、最優秀レコード賞にノミネートされました。
サビの歌詞と和訳 Yo soy un colombiano
(ヨ・ソイ・ウン・コロンビアーノ)
私はコロンビア人

Yo soy americano
(ヨ・ソイ・アメリカーノ)
私はアメリカ人

Yo soy un ciudadano del mundo
(ヨ・ソイ・シウダダーノ・デル・ムンド)
私は世界市民

Yo soy un mexicano
(ヨ・ソイ・ウン・メヒカーノ)
私はメキシコ人

Yo soy dominicano
(ヨ・ソイ・ドミニカーノ)
私はドミニカ人

De la misma raza, el mismo color
(デラ・ミズマ・ラサ、エル・ミズモ・コロール)
民族も人種も同じ

!Baila, baila!
(バイラ、バイラ)
踊ろう、踊ろう

Que para bailar no necesitas lengua
(ケ・パラ・バイラール・ノ・ネセシタ・レングア)
ダンスに言葉はいらない

!Baila, baila!
(バイラ、バイラ)
踊ろう、踊ろう

Vamos a bailar en la misma fiesta
(バモス・ア・バイラール・エン・ラ・ミズマ・フィエスタ)
同じパーティで踊ろう
ダンス動画
(Youtube)
コリオ付き→

コリオ付き→

<公式PV>



6位:「ロバールテ・ウン・ベソ」(Robarte un Beso)

曲名 「ロバールテ・ウン・ベソ」
(Robarte un Beso)
アーティスト カルロス・ビベス&セバスチャン・ヤトラ
(Carlos Vives & Sebastian Yatra)
試聴 試聴(Amazon)→
採用時期
(収録アルバム)
2017年10月
(ZIN NOWのボーナス・トラック)
ジャンル バジェナート
曲名の意味 あなたの唇を奪わせて
ベストズンバ動画
(Youtube)
アルゼンチン→
解説 2017年9月から日本でもスタートしたズンバのインストラクター向けの楽曲配信サービス「Zin Now」。 その導入の目玉の一つとなったのが、毎月の新曲とは別に、不定期で配信されるボーナス・トラックです。 有名アーティストのシングルが採用されることが多いですが、 本曲はまさに世界的なメジャーヒットとなった曲。 ロマンチックで素敵なラブソングですね。 踊りながら歌って、笑って、最後には胸が熱くなって泣いちゃうくらいの名曲でしょう。

しかし、このころボーナス・トラックの存在自体があまり知られてなかったので、 この曲も採用率も高くありませんでした。 2018年からじわじわと採用が広がり、 2019年以降もだんだん使う先生が増えていきました。
歌詞の言語 スペイン語
サビの歌詞、和訳、読み方(カタカナ) デハメ・ロバールテ・ウン・ベソ・ケ・メ・リェゲ・アスタ・エル・アルマ
Déjame robarte un beso que me llegue hasta el alma
(あなたからキスを奪わせて。僕の魂に届くように)

コモ・ウン・バジェナート・デ・エソス・ビエホス・ケ・ノス・グスタバン
Como un vallenato de esos viejos que nos gustaban
(僕たちが好きだった民謡バジェナートのオールディーズのように)

セ・ケ・シエンテス・マリポサス、ヨ・タンビエン・センティ・スス・アラス
Sé que sientes mariposas, yo también sentí sus alas
(蝶々のような胸のざざめきを感じているよね。僕も蝶々の羽を感じたよ)

デハメ・ロバールテ・ウン・ベソ・ケ・テ・エナモレ・イ・トゥ・ノ・テ・バヤス
Déjame robarte un beso que te enamore y tú no te vayas
(だからキスを奪わせて。あなたが恋に堕ちて、去っていかないように)

<公式PV>



7位:「ファミリアル」(Familiar)

曲名 「ファミリアル」
(Familiar)
アーティスト リアム・ペイン & Jバルビン
(Liam Payne & J Balvin)
試聴 試聴(Amazon)→
採用時期
(収録CD)
2018年6月
(ZIN75)
ジャンル ポップ
曲名の意味 知り合い
歌詞の言語 英語(コーラスの一部とラップはスペイン語)
サビの歌詞と和訳 Can we get famili-famili-famili-familiar? (yeah)
(僕たち親しい間柄になれないかな?)

I'm feelin', I'm feelin', I'm feelin', I'm feelin' ya (hey)
(僕はなれる気がしているんだ)

What's on your mind for later tonight?
(今夜の予定は?)

Let me be the one to fill it up
(僕が君を満たすよ)
ダンス動画
(Youtube)
イタリアのズンバ→
解説 優雅でセクシーな大人の恋の歌として、人気を集めました。 ズンバの公式の振付も、シンプルで踊りやすく、かつ感情移入しやすいと好評でした。 フラメンコ的な動きも入れながら、あでやかな雰囲気のあるコリオになっていましたね。 ラップの時にレゲトンっぽくなるのもカッコイイ。 聴けば聴くほど味の出るメロディで、曲をダウンロードした人も大勢いたようです。 カバーでなく原曲が使われた点も、高く支持された理由の一つでしょう。

<公式PV>



8位:「サリー」(Sully)

曲名 「サリー」
(Sully)
アーティスト リッキーT
(Ricky T)
試聴 Amazon→
採用時期
(収録CD)
2018年3月
(メガミックス64)
ジャンル ソカ
曲名の意味 サリーちゃん
歌詞の言語 英語
サビの歌詞 Sully(Sully Sully Sully come)
Sully, Sully whine and go down
Go down low
ベスト振付動画
(Youtube)
コリオ付き→
解説 2018年のズンバのソカの曲で一番多くレッスンに使われました。 キャッチーなメロディでノリやすいです。
カリブ海の小さな島国セントルシアを代表するソカ歌手リッキーTの曲。 曲名のサリーは女性の名前。 公式ビデオで踊っている黒人女性が本物のサリーさんだそうです。

<公式PV>



9位:「マコサ」(Makosa)

曲名 「マコサ」
(Makosa)
アーティスト ジオダ・シルバ&カティーS ft ニコ
(Geo Da Silva & Katty S. ft Niko)
試聴 試聴(Amazon)→
採用時期
(収録CD)
2017年12月
(ZIN72)
ジャンル ユーロ・クンビア
動画
(Youtube)
コリオ付き→
解説 キャッチーで陽気な曲。 「マッコーサ」というサビが頭から離れない、という人も多かったと思います。 ルーマニアの歌手の曲ですが、 こういう良質なトラックを世界各地から見つけてきて、 数千万人のズンバファンに紹介するのが、 ズンバというプログラムの存在意義の一つになっています。 ただ、この曲に関しては、 ズンバ本部が用意したコリオ(振り付け)がとても単調で、 ダンスというよりは、 体操みたいな感じになっていました。 このため、ダンスソングとしての魅力が十分に引き出されなかったような気もします。 公式PVみたいに、歌詞にあわせた手足・腰の動作も交えながら派手に踊りたいですよね。

<公式PV>



10位:「ヨ・レシスティレ」(Yo Resistire)

曲名 「ヨ・レシスティレ」
(Yo Resistire)
アーティスト エル・チェボ
(El Chevo)
採用時期
(収録CD)
2018年9月
(メガミックス67)
ジャンル サルサトン
曲名の意味 僕は拒絶するよ!
歌詞の言語 スペイン語
サビの歌詞と和訳 Yo Resistire. (ヨ・レシスティレ)
僕は拒絶するよ!

Yo no te llamare.
(ヨ・ノ・テ・リャマレ)
君にはもう電話しないよ!
動画
(Youtube)
コリオ付き(ドバイ)→
解説 中米ホンジュラス出身の世界的なダンス音楽アーティスト、エル・チェボ(1988年生まれ)の新曲です。 ジャンルはサルサトン。 レゲトンの重たいビートと、 サルサの軽快なリズムが組み合わさり、 演技力を発揮しやすい曲になっています。 男性が女性に別れる意思をきっぱりと表現する内容で、 力強くもやや切ないメロディが印象的ですね。

原曲が使用されています。 ズンバに独占的に供給されたようで、 Amazonなどではダウンロードできません。

エル・チェボはこれまでもズンバに多くの曲を提供してきました。 2015年8月のZin58の「ティッピー・トー」、 2016年11月のメガミックス56の「ムエベ・ラ・シントゥーラ」、 2013年12月のZin48の「メテラ、サカラ」などです。 2018年夏には、ズンバのカンファレンスに出演し、「メ・パティナ・ココ」を歌いました(動画→)。

<コリオ付き>



11位:「トゥス・ベシートス」(Tus Besitos)

曲名 「トゥス・ベシートス」
(Tus Besitos)
アーティスト ズンバ・フィットネス
動画 コリオ付き
採用時期
(収録CD)
2018年6月
(ZIN75)
ジャンル サルサ
曲名の意味 あなたのチュー
サビの歌詞と和訳 suavecito, dame, dame, dame tus besitos, suavecito
(スアベシート、ダメ、ダメ、ダメ、ダメ・トゥス・ベシート、スアベシート)
わらかいチューをちょうだい!ちょうだい!やわらかいの!
解説 軽快でかわいいサルサの歌。タイトルの「Tus Besitos」(トゥス・ベシートス)というのは、「Tsu Besos」(トゥス・ベソス)、すなわち「あなたのキス」という言葉を可愛らしくしたものです。 スペイン語では、名詞などの最後に「ito」とか「ita」を付けると、親しみをこめた「~ちゃん」みたいな表現になります。 というわけで、「Tus Besitos」だと、「あなたのチュー」みたいなニュアンスですね。

この曲は、ズンバのオリジナルです。 ズンバのクラス以外では聞くことができません(Zinというズンバ・インストラクターの会員になればダウンロードできますが)。 2017年ごろから、ズンバの運営会社である米国Zumaba fitness(通称「ズンバ協会」)は、 Youtubeなどへの曲の無断アップロードを厳しく取り締まっています。 基本的には、1分を超える動画は削除される場合が多いです。 とくにズンバのオリジナル曲は削除される可能性が高いです。 この曲も、Youtubeに残っているのは1分以内の動画だけです(2018年11月現在)。

<コリオ(曲の一部)>



12位:「メイヘム」(Mayhem)

曲名 「メイヘム」
(Mayhem)
アーティスト ザ・ケミスト&DJブレインデッド ft ニアンダ
(The Kemist & Dj BrainDeaD ft Nyanda)
試聴 試聴(Amazon)→
採用時期
(収録CD)
2018年8月
(ZIN76)
ジャンル ダンスホール/トロピック・エレクトリック
曲名の意味 バカ騒ぎ
歌詞の言語 英語
サビの歌詞と和訳 Mayhem everybody causing mayhem
みんなで大騒ぎ!

Yes it's the weekend
週末だからね。

Jump around and blaze off the ceiling
飛び回って、天井もつきやぶる。

When we come we set off alarm
クライマックスでは警報器外しとくよ。
ベストコリオ動画
(Youtube)
マレーシア→
ベストダンス動画
(Youtube)
ベルギー→
解説 ズンバ愛好家たちがこぞってダウンロードし、 密かなヒット曲となりました。
強いビートにあわせて激しく胸や骨盤を揺らすのが、基本コリオ。 上手なインストラクターが踊ると、めちゃめちゃカッコよくなる曲ですね。
ボーカルとサウンドが響き渡り、「これぞダンスホール」という感じ。 レゲエ歌手ニアンダとDJケミストという2人のジャマイカ人のコラボ。

<公式PV(歌詞付き)>



13位:「ヨ・ボイ・コンティーゴ、コロンビア」(Yo Voy Contigo Colombia)

曲名 「ヨ・ボイ・コンティーゴ、コロンビア」
(Yo Voy Contigo Colombia)
アーティスト モイセス・アングーロ
(Moises Angulo)
試聴 試聴(Amazon)→
採用時期
(収録CD)
2018年5月
(メガミックス65)
ジャンル クンビオン
動画
(Youtube)
コリオ付き→
曲名の意味 コロンビアよ、私はあなたと共に進む。
サビの歌詞と和訳 Yo voy contigo, tu vas conmigo
(ヨ・ボイ・コンティゴ、トゥ・バス・コンミゴ)
私はあなたと共に進む。あなたは私と共に進む。

Con la alegria de mi tierra yo te sigo
(コン・ラ・アレグリア・デ・ミ・ティエラ・ヨ・テ・シゴ)
大地を踏む喜びとともに、進み続ける。

Yo voy contigo, tu vas conmigo
(ヨ・ボイ・コンティゴ、トゥ・バス・コンミゴ)
私はあなたと共に進む。あなたは私と共に進む。

A donde vayas mi Colombia yo te sigo
(ア・ドンデ・バヤス・ミ・コロンビア・ヨ・テ・シゴ)
我がコロンビアよ、あなたの進み道に私も続く
解説 南米コロンビアの人気歌手・俳優の曲。 母国への賛歌です。 もともとは30年以上にわたり連れ添ってきた妻への思いを歌にしたそうです。 その歌詞の二人称を「コロンビア」に入れ替えることで、ラブソングではなく、愛国ソングになりました。 2018年ロシア開催のサッカー・ワールドカップで、コロンビア代表チームの応援歌にもなりました。 1回聴いただけでノリノリになれるので、ズンバインストラクターとしてもレッスンに採用しやすい曲ですね。

<公式PV>



14位:「ノー・エクスキュース」(No Excuses)

曲名 「ノー・エクスキュース」
(No Excuses)
アーティスト メ―ガン・トレイナー
(Meghan Trainor)
試聴 試聴(Amazon)→
採用時期
(収録CD)
2018年3月
(ボーナス・トラック)
ジャンル ポップ
曲名の意味 言い訳しないで
歌詞の言語 英語
サビの歌詞と和訳 Have you lost your mind?
(おかしいんじゃない?)
Open up your eyes
(しっかりしてよ)

You must have confused me, confused me with
(Someone else) You must have confused me, confused me with
(他の誰かと勘違いしてんじゃない)
(Someone else) There ain't no excuses, excuses, babe
(言い訳通用しないよ)
(Someone else) Your mama raised you better than that, huh!
(お母さんに教わったでしょ)
動画
(Youtube)
公式PV→
解説 ズンバ女子たちに大人気の歌手メーガン・トレーナー。 その最新曲がズンバで採用されるとともに、 米ズンバ本部とコラボし、 コリオ動画を制作しました。 メーガンとともに、ズンバの上級インストラクター(ZES)たちが踊っています。
キュートでかつ力強い曲にぴったりの振り付けは大好評。 ボーナストラックにもかかわらず、 多数のインストラクターが使用しました。 失礼な男性に対して説教をする歌ですね。
これまでズンバとミュージシャンのタイアップといえば、 ラテン系アーティストが中心でしたが、 今回はアメリカポップ界の超人気アーティストとのコラボ。 音楽市場におけるズンバの重要性を示す出来事となりました。

<公式コリオ動画>



15位:「イプノティサメ」(Hipnotizame)

曲名 「イプノティサメ」
(Hipnotizame)
アーティスト マルロン・アルベス
(Marlon Alves)
試聴 試聴(Amazon)→
採用時期
(収録CD)
2017年12月
(ZIN72)
ジャンル レゲトン
ダンス動画
(Youtube)
歌手とズンバによるライブステージ→

公式コリオ(曲の一部)→
曲名の意味 私を催眠にかけて
解説 レゲトンのねちっこさが満喫できる曲です。 唄っているのはMarlon Alves(マルロン・アルベス)というブラジル人男性ですが、 この人はもともとZumbaのインストラクターです。 シンガーとしての才能がズンバ本部から評価され、この曲で歌手デビューとなったようです。 南米ツアーまでやっています。 ズンバの力はすごいですね。



16位:「ダメ・メディシーナ」(Dame Medicina)

曲名 「ダメ・メディシーナ」
(Dame Medicina)
アーティスト オスカル・カサーニャス
(Oscar Casanas)
試聴 試聴(Amazon)→
採用時期
(収録CD)
2018年1月
(メガミックス63)
ジャンル フラメンコ・ウルバーノ
動画
(Youtube)
コリオ付き→
曲名の意味 お薬ちょうだい
サビの歌詞と和訳 Dame medicina de tu cuerpo que me esta matando
(ダメ・メディシナ・デ・トゥ・クエルポ・ケ・メ・エスタ・マタンド)
あなたの体に相殺されそうだよ。お薬ちょうだい

todavia sigo esperando que tu conmigo quieras bailar
(トダビア・シゴ・エスぺランド・ケ・トゥ・コンミーゴ・キエラス・バイラール)
それでもあなたを僕と踊る気持ちにさせたい

Dame medicina de tu cuerpo que me esta matando
(ダメ・メディシナ・デ・トゥ・クエルポ・ケ・メ・エスタ・マタンド)
あなたの体に相殺されそうだよ。お薬ちょうだい

me vas provocando y tu no quieres bailar
(メ・バス・プロボカンド・イ・トゥ・ノ・キエレス・バイラール)
僕を挑発するあなた。でも僕と踊りたくないなんて・・・
解説 スポーツジムのダンスフィットネスにハマっている人でも、 フラメンコを踊る機会はあまり多くないと思います。 ズンバはフラメンコを楽しめる貴重な機会です。 フラメンコは最も優雅なダンスの一つであり、 情熱的な立ち振る舞いや、 足の強い踏み込み(タップ)、 指先の丁寧な動きなどが特徴。 ズンバでフラメンコの曲が採用されるのは、 1年に1、2回くらいですが、 採用されたときは、 できるだけレッスンでやって欲しい、と思っているズンベーロ(男性ンバ愛好家)やズンベーラ(女性ズンバ愛好家)も多いのではないでしょうか。 ズンバで最も有名なフランメンコの曲といえば、 エンリケ・イグレシアスの「バイランド」。 当サイトの人気曲ランキングでも、2014年の年間1位に輝いています。 2018年初頭のメガミックスに入った本曲「ダメ・メディシーナ」は、 バイランドよりもさらにフランメンコ色の強い曲。 スペイン人歌手オスカル・カサーニャスが唄っています。 大人な感じがいいですね。

<公式PV>